シンガポールで一人旅 マーライオン編【シンガポール 2016】①

 08, 2017 00:08

さて、夏の旅行の最後の目的地は
シンガポールでした。


IMG_1007.jpg


着いてから知ったのですが
シンガポールは同行していた親戚の、仕事のために寄ったらしい^^;


彼女の仕事場に着いて行っても良かったのですが
じゃあ今日1日、一人で観光してみよう、と思いました。



海外に一人で行くことはありますが、一人で観光するのは初めてです。




泊まったホテルは Hotel Boss

13307850_91_z.jpeg

59361551.jpeg


実は、この旅行で一番興奮したのがシンガポールです。

もしかしたらシンガポールが一番好きかもしれない。



まず、ホテルの部屋で興奮しました。なぜなら…

IMG_0901.jpg


このテレビの充実さ。

有名番組が観られる上に、ラジオにいたっては世界中のあらゆる局が視聴可能。
オランダとかベルギーとか…誰が聞くんだよ(笑)


私の好きな鹿晗くん(中国の歌手)の映画が放送されていて、思わず叫びました (笑)
まあ、ちょうどエンディングで見れなかったんですけど…


そしてなんと、Apple TV搭載。
持って行ったパソコンを繋げて遊んでました。



ああ、この日本ー台北ーオーストラリアーシンガポールという長い旅の間
ずっとパソコンを持って行っていたんですよ。大変でしたね。

なぜかというと、大学の後期授業の履修申請がこの時期だったから…。



まあ、このホテルとても綺麗ですけど、1泊5000円程で泊まれるんですよ…!

一階にはレストランが並んでいて便利ですし、次もまた利用したいですね。



IMG_0911.jpg

IMG_0914.jpg

街並みも気に入りました。私のつぼというか…
街を歩いていても、人が多すぎず気持ちが良いというか…









さて、私はまずはマーライオンを目指すことにしました。

MRT(地下鉄)に乗るにあたって、
シンガポール・ツーリスト・パスを購入することに。



シンガポール・ツーリスト・パスで
・1日券=20ドル(購入した日の終電・終バスまで乗れる)
・10ドルのデポジット(保証金)が含まれており、発行から5日以内であればパスを返却をすればデポジット代金の10ドルが返金されます。
参考/引用元



という仕組み。

今回私は1日だけ利用するので、これを購入して、夜までには返して10ドル返金してもらおうという予定でした。





まあ、大して乗らないのに10ドルとられるので、損しているんですけど…


なぜ損してまでこのチケットを購入したかというと




小銭がなかったんです…




調べてもらえばわかるのですが、簡単に言うと

1回1回乗る分だけ買う切符は10ドル札が使えないのです。


空港で両替した時から、私は札しか持っていなかったので、買えなかったわけです。




このツーリスト・パスを買おうと、窓口に並んでいる時に
前に並んでいる女性に中国語で話しかけられ

びっくりしました^^;











マーライオンのあるマーライオンパークへ行くには、
ホテル最寄りのラベンダー駅からラッフルズ・プレイス駅へ向かいます。

それには、East West Lineで1本で行けるそう。





ホームに着きましたが、どちらの電車がラッフルズ・プレイス方面なのかわからず
立てられている路線図を見ていると…


また、知らないおじさんに中国語で話しかけられました^^;

なんとか英語にしてもらい、話していると

「ラッフルズ・プレイス駅に行きたいが、どちらの電車に乗れば良いか?」と



















それは今こっちが知りたいことですよ







しかし、地図を見ていて段々とわかってきたので
向かって右側の電車ですよ。と言いました。



私は現地人なんですかね?^^;

今日が初めてですよ。 First time hereですよ。









シンガポールの公用語が中国語と英語だとは知っていましたが
後で調べると、中国語を第一言語とする人の方が多いんですね。





さて、
地下鉄に乗って15分、ラッフルズ・プレイス駅に着き、改札を出たのですが…





右も左も分からない



そう、ここシンガポールでは
SIMカードも購入していないので

どこかカフェに入らない限りはネットがつながりません。



調べることもできず…




なんだか謎の像は怖いし…


あふぁ




よし、ここは








クラピカ理論だ。




私は右に進んだ。





しかしその先の道も、誰にもわからなかった…






いや、本当に
全くわからない状態で、自分の勘だけで進みました…。




しかし、一つ言えること
海の見える方向へ進めば、必ずマーライオンにたどり着けるはずだと。






海が見えてきた。方向は間違えない。





しかし、この時期は丁度F1開催の時期だった。


あらゆる道路が閉鎖されていた…





海がすぐそこに見えるのに、道が封鎖されていて真っ直ぐたどり着けない。




ムッキムキで黒人の警備員のおっさんに

「ここは封鎖されている。おまえ、どうやって入ってきた?
おまえはこの壁を登ってきたのか?登れるのか?あぁん」

と言われる始末。



これで怖くなかったから私はアメリカに行っても大丈夫だと思った。







そしてようやく、渡っても良い道を見つけ



海辺に出た。


IMG_0957.jpg






うおぉおおお!


これがあの有名な、屋上?がプールになっているマリーナ・ベイ・サンズ




夜に来ればもっと綺麗だっただろう…


NeverSettleOffer_1920x800.jpeg





この写真から見て右には建物があったので、そのまま左へたどっていく。





ん?









IMG_0927.jpg









これがマーライオン?












IMG_0952.jpg



IMG_0928.jpg











思ったより近いし、しょぼかった…




観光客が向かってくるとケツが見える設計はどうかとおもう。



IMG_0941.jpg





なんだかんだで1時間ほど、ここにとどまりました。

天気は良かったし、都会だけれど東京にはない 視界の開けた気持ち良さでした。




すぐ近くのアイスショップでマンゴーアイスを買った

IMG_0953.jpg


いろいろあってマーライオンにたどり着いたからか、とても美味しく感じました。




ちなみに、仕事が終わってマーライオンに向かった
母と叔母はかなり迷って1時間近くかかったらしい(笑)

叔母はしばらくシンガポールに住んだことがあって、何度も来ているのに(笑)


私は混乱したけれど、来た道を戻るほどには迷いませんでした。
20分くらいかな。








続く
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?