是非チャレンジしてほしい、「麺線」【台北2016】①

 29, 2016 23:51

海外旅行の話になった時に、

大学の友達や先輩で




「台湾に行きたい〜」



と言う人がかなり多いんですよ。この半年で5人以上は聞いた。


それを聞くと、もちろん嬉しいんですけど、同時に


なんで台湾?



って思います。
(※超嬉しいですけど)








小さい国だし、観光名所も少ないし、
台湾の食べ物にハマらない限り、1度いけばもういいや、ってなりますよ(笑)




仮にも台湾の首都である台北ですが、本当に小さいです


これが台北市で
私が今日歩いたところが、青い線で結ばれてる白い丸の場所なのですが...


v.png


地図で見ると結構移動したように感じますが


この距離、わずか10分です笑









IMG_0129.jpg




さて、今日のお昼は




IMG_0133.jpg



麺線と50嵐のタピオカミルクティー




麺線は、日本にはない味で最初は苦手だなと思う人もいるけれど

好きな人は好きだと思います。


IMG_0134.jpg

これは小サイズで50元(約160円)


柔らかくて細いただの麺。鶏肉や貝類が隠れているけど。
少しとろみのあるスープ?の味が丁度いい濃さでとても美味しい。



麺線はレストランとかにはなく、屋台や小さな家が売っているので
ちょっと難易度が高いかな、と思うけれど


だいたい、麺線のカップ(器)が大小あって
店の見えるところに積んであるので

好きなサイズの方を指差せば簡単に買えると思います。




…と、自分も初めてひとりで買ったのですが^^;

なんか話しかけられてテキトーに頷いていたらカラシを入れられました(笑)
でも気にならない程度のカラシ。






そして、50嵐のタピオカミルクティーMサイズ。40元(約130円)

IMG_0135.jpg

安い。


日本でこれくらいのサイズのタピオカを買うにも240円くらい払いますよね。




けど、台湾人の収入って日本人の半分らしいので
そう考えると妥当な値段かもしれない…


日本人にとってはラッキー。





50嵐は人気のチェーン店なので台北のどこにでもあります。

日本人の苗字「五十嵐」からきているらしい(笑)



ここでもメニューを差しながら英語でこれください、って言ったのですが

店員さんが日本語を喋ってくれました(笑)




台湾のタピオカは、タピオカの大きさ、甘さ、氷の量を選びます。


今回は大きいタピオカ・半糖・氷少なめにしました。




お店にもよりますが、台湾のタピオカってだいたい
タピオカ自体が甘いです。日本のより。






50嵐と違い、麺線は現地人しか並んでいなかったので
ちょっと緊張したなあ〜^^;






夕飯は時間がなかったのでスーパーのお弁当でした

FullSizeRender_20160830012238c0b.jpg
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?