人並み受験生 やめます

 03, 2016 21:14

今ですね
熱が出て いや微熱のはずなんですけどめっちゃ顔熱い

口の中熱い!目の周りが痛い!

こういう時アイス食べたくなるよね。



それでも今日は神社にお参りして、証明写真をとって、スーパーに買い物に行ってきました。



受験まで残り1ヶ月となりましたが
私はあまり期待していません。

志望校のレベルがどれも高いらしいので
偏差値を越していても受かるかわからないよ、と言われましたね。


それに東京の私大は人気だからね。。

同じ点数がたくさん並ぶ故に本当に、1点差の勝負ですし
受験って実力があっても本番で発揮できた分でしか戦えないですから
合格しなかった=力がなかった が100%当てはまることはないわけです。

私の周りでは第一志望の大学に合格した方は居ませんし、何だか多くの人にとっては受験はそういうものな気がします。
けど自分は落ちないと思っちゃうんだよね 一度挫折しないと。


それなのに企業は大学名を重視する!大学受験ってこんなに難しいのに!

今は実力・人柄で取るなんて言うけど それは大学名を差し置いてって意味ではないですよ。

大学名+実力ですから。より高難易度になっただけですから。

(私立文系の話です。)


そんなわけで、大学生は時間があって良いね なんてイメージは古いのです。
今の大学生は凄く忙しいですよ。私も受験が終わって遊べるとは思っていません。




私は女だから、他の友人のように
料理学校に行ったり、看護系に行ったり、そういう専門職だったり夢を追ったりしていれば
幸せだったのかもしれませんね。

しかし残念ながら母親譲りで男性脳寄りに生まれた私は
現実主義というか保守にはいるので 例えばイラストレーターを目指すために短大に行く なんて賭けは出来ないですし
別になりたいとも思わなかったですね。趣味の範囲で十分。



まあ、そんな感じで浪人の可能性もある状況にいる私ですが

母親の代わりに家事全般をしてくれた祖母がですね
ついに動けなくなりまして

家事をしなくてはならなくなりました。

もちろん今までも自分に出来ることはしていたのですが
ご飯が作れなくなった 洗濯ができなくなった これは大きい。

今まで、東京の私立に通っていて 週6日
帰りは19時以降

ろくな手伝いができなかった自分には 急に夕飯を作れと言われても難しい・




今まで朝起きて、夜まで一日中机に向かえた 予備校にも通えた

それは 寧ろ

本当にありがたい。





けど、
やっぱり、辛いね(笑)

本当は、受験まで突っ走りたかった ここまで来たんだからね。
1年半 毎日毎日 息抜きはしつつも
何にも手をつけなかった日は1日もない。


そういう大学生は全国に他にいると思うんだけど

周りにはいないし、何だかんだ良い環境で、

お母さんにご飯を作ってもらえて、洗濯をしてもらえて
気にせず勉強できる学生の方が多い。


今までの私と 母親の世話になれる全国の受験生が

どれだけ幸せだろうか(笑)





これがなかったら試験まであと300時間は勉強できたのに


受験まで あと何十時間勉強できるのかなぁ。
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?