スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子は何度か騙されて成長する

 26, 2014 18:53



女の子は何度か騙されて成長する
女性に限らず、もちろん男性もそうなんですが

今回は女性目線で語らせて頂きます。


女の子は信じやすいんです。
1度信じたらそれはもう頑固なもので

「やめておけ」なんて忠告はなかなかききません。


o06300420131015zyosei-thumb-630x420-67832.jpg



某国の赤毛のお姫様のようにろくに経験のない人は良く考えず
その日会ってすぐに「結婚してくれ」なんて言って来た男性をすぐ信用したりします。

目の前の事を信じきってしまい、他の選択肢に耳を貸さないことが多い。

しかしそれがダメだと解ってる側としては
なんとか彼女が最悪な結果にならないように説得したいものです。


しかし聞かない頑固な少女もいる・・・。

というか、皆最初はそうなんですね。
何もわからない。失敗するしかない。







数ヶ月前の事。

高1の終わりが近づき
部活の3年生の先輩が卒業するのでパーティーを開きました。

自分はその前に特別講習があったので準備に遅れて行ったのですが
ついた頃には準備は終わって皆暇そうにしていました(笑)

そこに、いつもより元気がなくずっと携帯を見ているサエちゃん。
話を聞くと

どうやら彼女は学校の事で大きな悩みを抱えているらしいのですが
私達友人や学校のカウンセラーの先生には話辛いらしく
偶然見つけた占いサイトの人にメールで悩みについて占ってもらっていたらしい。


そのメールが凄く当たっているらしい。自分の事を見透かしているようだと。
きっと悩み続けている彼女には救世主のようなもので信じきってしまっているのだ。


holdingthesun2.jpg



我々にはそんなネットの怪しい占い師の言葉など
ただ誰でも当てはまるように遠まわしにそれっぽい言葉を並べているだけ・・・だと思いますが。


そして今まで無料で診断してくれていたらしく
次からはお金を払ってね、ということ。(何通でいくらというシステム)

ネット上で請求してくるものは大体ダメ。
ほかにちゃんとした相談相手はたくさんいるのに・・・。
聞かないんですね。

部員のケイちゃんも説得しようとする。



ケイ「絶対騙されるからやめといたほうがいいよ~;;」

サエ「凄く当たってるの。こうすれば良くなるよっていうのも実行したら本当に良くなったし・・・」

サエ「それに3000円ならいいかな・・・でも親に何て言おう」

ケイ「そうだよ親に怒られるしいい事ないって~;;」

サエ「でも・・・」



どうしようどうしよう・・・とばかり言ってる彼女。
こういう子の場合は私達が何を言おうと「でも、でも」と否定したがる。
(というか女性はみんなそうかな。だから女性の悩みは黙って聞けと言われているのかもしれない。)



説得したいけど聞いてくれない大丈夫かなあ・・・と思いつつも
数時間後、
3年生をクラッカーで迎えてパーティーが始まったのだが・・・






・・・




えっ



ちょ、この子









先輩の大事な会の最中なのに

まだスマホいじってやがる!(笑)





オイ、ばか!

目の前に卒業する先輩がいるし顧問の先生もいる!
ほら2年の先輩が信じられないという顔でこっち見てるよヤメテよ!

失礼極まりない・・・prz 君を天然記念物に認定したい・・・




そんなに悩むか・・・もうダメだこの子は。

本当は当然、サエちゃんが騙されてしまう前に止めたいが、無理なら・・・


1度失敗させよう






甘党「サエちゃんそんなに気になるなら 1度騙されるつもりで払ってみたら?」

ケイ「え、ちょっ・・(;゚Д゚)

サエ「本当?うん、そうだね!!3000円くらいなら別にいいし!」

サエ「でも親に絶対怒られるよ・・・;」

甘党「支払いの方法みしてみ?」



どれどれ・・・ふむふむ なるほど。

どうやらコンビニの機械でウェブマネーを買い、番号をサイト内で入力することにより
入金するというシステム。


g31q.jpg



甘党「これなら親にばれないよ(笑)」

サエ「本当に!わかった!買い方知らないから、帰りに一緒にコンビニ寄ってもらえる?」

甘党「今3000円持ってるの?」

サエ「うん!(,,゚Д゚)」

甘党「OK」

ケイ「・・・」





完全に悪い友達である(笑)


でも仕方ない、少しでも早く
こんな事に悩む時間を終わらせてあげたいしね。



会の間はずっとソワソワしていて。あまり先輩との交流もなく終わってしまいました。
帰りにコンビニへGO。


ケイ「何で甘党払い方わかるの?」

甘党「えっ・・・あぁ、昔ネトゲやってたからかな(´ε`;)」

ケイ「なるほど~!いくら使ったの?(・∀・)ニヤニヤ」

甘党「その話はするな」





・・・





まぁ後日聞くと

やっぱり騙されてしまったらしいです(笑)


でもこれで彼女は1つ成長したと思います。
3000円なんて安いものです。



なんだか偉そうに言ってしまっていますが・・・
私も頑固でした
私も沢山の失敗をしました
それを経験するのが、周りの皆より少し早かったんだと思います。
だから今回初めてですが、「失敗してみろ」なんて言ってしまったんですね(笑)


ただ、3000円で済むなら良いですが
もっと高額だったり、男性に騙されたり・・・などの
危険な失敗になる場合は「失敗してみろ」なんて言えませんね。


特に私の周りは中学時代、女子しかいない空間で育ってきた子ばかりです。
その子達が高校生になってからLINEが流行りだして、そこから男の子と出会うことが出来るようになったんですが・・・


713439ee.jpg

もうすでに
会うの?それ危ないからやめとけ!って思うことが多々ありました。
でも女の子は初めて甘い言葉をかけられた相手にメロメロで聞いてくれません(笑)

会うなら人目に付くところで・・・
二人きりでカラオケとかじゃないなら良いんですけどね。



友人が
「ネットは 世の中には本当に想像を超すレベルにクズみたいなやつが想像以上にたくさんいるってことがわかる場所だと思う」と言っていましたが

色んな変な人が沢山居るって早い段階で知れた事は
ネットやっててよかったと思える事の1つ。
最初に変な男に付きまとわれた時はショック受けたけど
今ではもう高校生の段階で回避の仕方がわかるのでよかったです。



自分は早い段階で失敗するのはわりと大切かな、と思っています。
そのほうが将来上手く行く気がしますね。









そして後日、サエちゃんとブクロへ遊びに行ったのですが・・・

サエ「あ、私この店に着たかったの!」


ん?

え・・・


この子・・・





今度はパワーストーンにハマっていたprz




HRK-1-42-4.jpg



気付くのに時間がかかったが
その腕には常にパワーストーンのブレスレットがしてあり

サエ「コレしてたらね~映画のチケットがあたったの^^」

なんて言ってる・・・ マジかこの子

いやネット上の怪しい占い師の件に比べればまだ可愛いものかな・・・。



その店でサエちゃんはわりと綺麗な青い石2つと
モロ普通のビー玉にしかみえない石を買っていた。

ちなみにこれ1つ800円とかする・・・。




しかも次の日から、その石を常に手に握っているんだこの子。

それにすぐに落とすから
ビー玉みたいな石は転がって行ってしまって

落とすたびに私が一緒に探すという(笑)






そんな日々が続いて ある日・・・。




サエ「あのブクロで買った石ね、ちっとも運気上がらないから砕いてみたの」



サエ「そしたらきれいなのは表面だけで、ただの白い石に青く塗られていただけだった
    最悪^^;」








・・・







オイ!(笑)


なくす度に何度も苦労して探したのに・・・prz




でもまぁ、これでまた少しは成長したのならいいさ





いや、この子
成長してるの・・・?




・・・




コメントのお返事

いーぜさん:ありがとう!いーぜさんも今何してるのかわからないけど頑張れ!








朝はこれ聞くと勉強する気力沸きます



スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。