スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふう

親があることを早く決めてくれないので勉強の計画が狂っていってます…笑

11月の模試の結果次第で目指す大学もおおよそ決めるので、いい結果を出したいのですが
残り1ヶ月ちょっとになってしまい厳しいですね…。

しかし勉強疲れしたのでここでちょっと休憩。

息抜きに記事をかきます笑





ついこの間TVで「虐待されている子は何故助けを呼べないか」という事を議論していたのですが
その理由の一つに「自分の家がおかしい事がわからない」という理由がありました。

今回はそれと同じような私の体験…というのも虐待なんて言う暗い話ではなく
全然笑える話なのですが
初めて外に出て”自分がいた環境が異常?!”と思えた事を書きたいと思います。

私の小学校の事です。

というよりまず初めに…
今も 私の環境が当たり前って言う気持ちがあるんです。
皆がおかしいんじゃないかと

決していい子ぶっている訳ではなく マジで。

しかし友達数人に、それは厳しい と言わるし
埼玉から東京の学校に出てきたら全く違うのでショックを受けました笑




さきも言ったように小学校の教育の方が正しいと思っているのですが

皆さんからみるとそう、 私の小学校は多少スパルタンだったそうです。笑

Blue_Spartan_IV.jpg




在校時から「厳しいなぁ」とは思っていたのですが
皆こんなもんだと思っていました。だからショックなんです


小学校だけではなく、今弟が通っている地元の中学も結構厳しいので
東京の学校に出てこなければわかりませんでした。


だって、私がこの女子校に入学して一番にショックだった事は…












いすに背をもたれてる事でした。








入学式の時にですね
椅子に座っていて何か違和感を感じたんですよ

自分のとなりに人がいないような…自分だけズレているような

そしたら皆、椅子に背をもたれて座っていたんですね
私だけ背がつかないように背筋のばして座っていたという 逆にバカらしくなってしまいましたよ笑

自分だけバカみたいに背筋のばして恥ずかしい



というのも小学校では式はもちろん、授業中も背を伸ばすように言われていました。

授業中は注意されるとまではいきませんでしたが
式で背をもたれるなんて許されませんよ…

それに式中に頭を少しでも動かすと「…鈴ぅず木いい!」なんて皆の前で怒鳴られるんですよ笑
まあこれは大事な式のリハーサルのときであって
始業式・終業式では教室に戻った後で少しでも動いていた奴らの名前が呼ばれます

あとは小さな悪さや失敗でもよく教室の後ろに立たされていましたね
私は大人しいいい子ちゃん(笑)だったのですが何かで立たされた記憶ありますし…

何かするときは本当に細かく厳しい指導でした

4列横隊で一斉に行進するとき
2列で前と一定の間隔を空けて入場するとき

そこ早いだろォ!!やり直しだゴラァ!!
何でこんな事ができねえんだテメエラァ! なんて女性教師が凄い声で怒鳴るんですよ笑

title.jpg



もちろん女子生徒には優しいなんて事はありません 残酷なほど平等でした笑

リア友には「全員、ドリルチーム部の監督のような先生」だと言えば想像しやすいでしょうか


卒業式の掛け声・返事の練習では 体育館で自分らの向こう側に先生が立ち
先生が満足のいく声の大きさを出すまで残されてやらされます。

つまり まあ…学校というより軍隊みたいな感じでしたね



言葉遣いも厳しかったです
今の学校みたいに「え〜〜先生○○なのぉ〜?」なんて言えませんよ
それもショックでした笑
先生と仲良く世間話するのもびっくりしました

基本生徒から話しかける事なんて無かったですからね… 聞かれた事だけに答えていればいい環境でした

口答えというか先生をからかったり 先生の前でふざけたり
もちろんそんなのは学校生活に慣れてからだったのですが
6年いた小学校では一度もありませんでした…


緩い。先生が緩い。



うちの学校にはカウンセリング教室があるのですが
友達とトラブルがあって初めて連れて行かれたとき、カウンセラーの先生が優しく
「どうしたぁ?」なんて言ってきて拍子抜けしました


これ読んで元気出してぇ 見て!かわいいのよぉ^^
なんて出されたのは

カピバラさんの絵本…
e61f0b9c13a735c188aede149e244c0d.png



失礼ですが当時は バカにしてんのか!と思いましたprz




小学校で厳しくしてくれた事には感謝していますし
中高でかなりダラけてしまいました笑

ただ、緩い中高生活になってしまいましたが緩くなった事で行動力が得られました。
従うだけでなくなったので自分で行動するしか無いんですね


担任から「あなたは、”はい”か”いいえ”しか言わないよね」と言われたのも
小学校時代の教訓が身に染みているからかもしれません笑

先生という職を特別尊敬している訳ではありませんが
普通失礼な事は言わないだろう…

しかし女子校の生徒は「うん」「そうなの?」「いいじゃん」なんて言葉を使っていることに驚き笑
私はやはり最後までどうも敬語を使わない事はできませんでしたし
自分から話しかけたり世間話をすることも無かったですね… いやそれが普通なんじゃないか?笑



本当に厳しい先生ばかりだった、しかしそういう先生は結構凄い人生を歩んでいる人なんですよ

一番厳しかった女性教師は凶器をもって小学校に乗り込んできた不審者を
説得で自首させたという武勇伝をもっていましたから…

きっと厳しい人はそれだけ自分も凄い事をやっているんです




やはり私にとって先生というのは僕たち生徒と一定の距離をとっていてほしい存在です
授業中や指導以外は関わらないでほしい、だから女子校の先生は正直なところ少し諄かった

しかしそんな風に 必要以上に関わろうとしてくれる大人の存在の有り難さに
後から気づく事になるのかもしれませんね。




なんて

とりあえず
自分の小学校の厳しさが普通ではなくて良い意味でショックだった事(笑)と



厳しい先生も 緩い先生からも 
どちらからも得られるものがあったという事でした。
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。